お問い合わせ

採用を知る 〜採用情報〜

RECRUIT
SHOEIの価値、それは “人財力”


SHOEIを支えているものは何でしょうか?それは、社員一人ひとりの強い想いです。想いこそが人と人をつなぎ、お客様を感動させ、そして、会社を成長させるのです。経営を構成する「ヒト・モノ・カネ・情報」のうち、「ヒト」に勝る財産はありません。強い意思でSHOEIの成長を引っ張ってくれる“人財”に期待しています。

MESSAGE

誠実で真っ直ぐな想いをもった方に期待
CATV事業部 営業本部 課長 鈴木 貴子

SHOEIは、さらなる飛躍を目指して改革を続けています。そのためには、社員一人ひとりの声がとても重要です。たとえ小さな提案でも構いません。積極的に声をあげ、自分のやりたいことを発信すれば、どんどんトライさせてもらえる「自立自走型」の会社です。すべての社員が自ら考え、判断していく。上司のイエスマンではなく、正しい判断ができるようになることで、人として成長し、結果的にそれが会社の成長へと繋がっていくと考えています。各拠点にはリーダーがおり、社用端末の支給、グループウェアの導入・整備により、自拠点メンバー以外にもすぐに連絡がとれる環境です。まずは何事も遠慮なく相談してください。皆さんの意見の中に、会社がいっそう魅力的になるヒントがあるかもしれませんから。
また、経験やスキルに自信がなくても、決して縮こまっている必要はありません。明確な目標をもって仕事に取り組めること。営業のプロフェッショナルになりたい、人間として成長したい、お金を稼ぎたい。どんなきっかけでも構いません。強い志をもって臨む人は、漠然と働いている人より、一回りも二回りも大きく成長するものです。SHOEIがさらに飛躍する上で、その原動力となってくれるエネルギーに満ちあふれ、誠実で真っ直ぐな想いをもった方をお待ちしています。

お客様本位で
信頼を築く

私たちが肝に銘じている言葉のひとつに“先義後利”があります。目先の利益を追うのではなく、仁義を重んじるという意味です。「とにかく成果さえ上がればいい」という考えは、SHOEIとは相容れないものです。まずはお客様に納得いただき、とことん満足してもらうこと。そうして築くお客様との信頼関係こそ、何より価値あるものと考えています。

きめ細やかな
サポート体制

営業スタイルの理想は、「スタッフとお客様」という枠組みを超え、人と人同士の人間味ある関係性を構築すること。そのために、きめ細やかなサポートの提供を徹底しています。お取引先様に対しては、当社のノウハウの共有や、営業資料の作成、データ分析、顧客要望集約など、さまざまなご依頼に対応。付加価値の高いサービスを迅速に展開し、お客様、お取引先様の期待に応えています。

サービスの質を守る
社内教育

SHOEIの営業チームは少数精鋭。各社員と理念やビジョンを共有し、社内教育やフォローアップが行き届く体制を構築しています。一人ひとりのスキルを常に高水準で統一し、情報の素早い水平展開やリスク管理の徹底化を実現しています。こうした仕組みをもって、常にお客様にハイクオリティなサービスを提供することが可能になっています。

EDUCATION

教育制度

メンタルケアを含めた、きめ細やかなフォーロアップ体制
総務部 部長 青山 未央

当社の理念は、関わる全ての人を大切にすること。それは社員に対しても例外ではありません。誰もが安心して成長の道を辿ることができるように、社員教育には大きな力を注いでいます。性格や気質はもちろんのこと、積み重ねてきた経験、培ったスキルは、一人ひとり異なって当然です。その人にとって、今、いったいどのような指導が効果的なのか。それを把握するために、小まめなコミュニケーションを何より大切に考えています。
入社後最初に、SHOEIの理念やビジョン、会社の歴史を共有し、評価制度をはじめとした各種制度、社内グループウェア等についての説明、コンプライアンス研修を行います。その後、営業に関する具体的内容のOFF-JT研修、リーダーの同行によるOJT研修を実施しますが、研修期間は社員それぞれの経験値、知識量に合わせて、チームリーダーと営業本部が相談し設定しています。営業未経験の方もいれば、同業他社での営業経験があり即戦力の方もいますから。
入社時から、チームリーダーと営業本部が密に連携をとり、当人が感じている不安や悩みに対して、常に目配りを怠らないようにしています。本社と全国拠点の連携も強化し、テレビ会議やグループウェアを活用した情報共有を行っています。顔の見えるコミュニケーションをとり、メンタルも含めた社員の状況を把握しケアすることで、より働きやすい環境が生まれます。
今期、SHOEIでは『自立・自走型組織へ』をビジョンに掲げています。日々発生する問題・課題に対して、各拠点で社員一人ひとりが適切な判断、行動ができる組織を目指し、自ら提案し判断する力をつけるための外部研修、社内研修を実施していきます。
自分たちで提案、決定、実行していくことは、指示されたことを実行するよりも難しいことかもしれません。しかし自ら考え、判断し、実行する力こそ、当社の理念にある、『すべての人に「信頼され、必要とされ、感謝される」存在になり続ける』ことにつながると考えています。私たち営業本部をはじめ、会社が一丸となって成長をサポートします。いずれは事業を牽引していくほどの人財に育ってくれることを願っています。

定期的な
キャリア相談

半期に一度の評価期間に、上司との個人面談を複数回実施しています。一人ひとりのスキルと成長課題に基づき、今後の目標設定、キャリア相談を行います。

営業プロフェッショナル
支援

営業プロフェッショナルに必要な能力を明確に定め、それに則った研修を実施します。一人ひとりのキャリアパスを踏まえ、営業職における各人の自己実現をサポートします。

チーム制で
きめ細やかなフォロー

各拠点のチームと、本社の営業支援による二重支援体制を確立。拡大を続ける組織においても、社員に対するサポートの質を維持し、人が育つ風土づくりを進めています。

CAREER

キャリアイメージ
誰もが納得できる評価制度を

SHOEIでは前向きに仕事に取り組んでいただくため、透明性の高い評価・人事制度を敷いています。9つの等級に明確に区分し、半期に1回の評価によって、昇給・昇格を決めています。評価の基準は公平・公正。明確な目標を定め、それに対してどれだけ達成できたかで判断しています。社員の納得感を大切にしているので、今後も一人ひとりの意見を取り入れブラッシュアップしていきます。

INTERVIEW

お客様に提供できるメリットを
真摯に追い求めていきたい
CATV事業部 東谷 雄太

営業未経験で入社。青森拠点勤務。最初の頃は、お客様へのサービス説明で精いっぱいになり、一方通行の営業活動だった。そのことに気づいたのは、会社のロールプレイング研修がきっかけ。以降、聞き手に回ることを心がけ、お客様の思いを引き出す営業スタイルに。現在は自分らしい営業スタイルに磨きをかけながら、新たなお客様との出会いを楽しんでいる。

SHOEIに興味をもったのは、当社に勤めている先輩からの紹介がきっかけでした。「人と接することが好きならお勧めだよ」という何気ない言葉が、大きな転機となったのです。当時は製造会社に勤めており、営業職についてはまったくの素人。だからこそ、自分の可能性を広げる絶好の機会ではないかと考えました。内定するまでに2回面接を行いましたが、共通していたのは、どちらの面接官も仕事への熱い想いを話してくださったこと。その情熱に背中を押されて入社を決めました。 導入研修やOJTなど手厚いサポートのおかげで、順調なスタートを切れたと思います。SHOEIにおいて、未経験スタートのケースは珍しくありません。多様なキャリアパスの人が集まり、豊かな個性を発揮できる環境ではないでしょうか。 働き始めて最も驚いたのは、SHOEIの営業スタイルです。それまで抱いていたイメージは、「営業=モノを売る」。とにかく利益追求が第一で、自社の商品を強くプッシュする、という印象でした。しかしSHOEIでは、一方的にモノを売りつけることはありません。お客様の課題解決を最優先に行動します。例えばお客様が、スマートフォンのデータ使用量不足に困っていたとします。そうしたお悩みがあってはじめて、データ使用量抑制のために、ケーブルテレビのインターネットをお勧めするのです。 お客様の「ありがとう」。この言葉を頂けたときほど、充実感を覚える瞬間はありません。契約に至っても至らなくても、自分が訪問したことで、お客様に何らかのメリットを与えられることが目標です。そのために、既存のサービスだけでなく、プラスアルファで何かお客様に提供できるものはないか、常に模索するように心がけています。何度も訪問した老夫婦のお客様から、「養子にならないか」とまで言っていただいたときは、うれしい驚きでした。これからもお客様の課題を丁寧にすくい上げながら、それをヒントにお客様の生活をより豊かにできるような提案をし続けていければと考えています。

8:30〜9:00出社後は、当日のスケジュール確認。週1回はテレビ会議を行い、全国の各拠点と情報を共有します。
9:00〜12:00お客様の元へ訪問開始!だいたい3〜4件のお客様先を回ります。
12:00〜13:00休憩。お気に入りのラーメン屋さんへ。忙しい日は車中で簡単に済ませます。
13:00〜18:00午後の営業再開。引き続き、お客様の元へ。一方的に話すのではなく、上手な聞き手になることがポイントです。
18:00〜19:00帰社。報告書の作成や明日のプレゼン準備を終えたら退社です。残業は多くありません。

とことんお客様と向き合うことが
自分の成長につながる
温浴事業部 大石 翔

入社時はCATV事業からスタート。数々のお客様との出会いを通して、営業マンとしてだけでなく、人間的にも大きな成長を遂げ、温浴施設事業へ配属される。現在は首都圏を中心に活動し、数多くのお客様を担当。チーフとして、事業を牽引する存在に。妻子を支える父として情熱的に仕事に取り組んでいる。

考え事をしたいとき、新しいことに挑戦するとき、ひたすら疲れたとき−。心身を癒し、前向きな気持ちにさせてくれる場所、それがスーパー銭湯でした。多いときには週に3回も通ったほどです。SHOEIに入社を決めたのも、そんな大好きな温浴施設に関わる仕事がしたいという思いからでした。 営業活動の上で大切にしているのは、密にお客様とコミュニケーションをとることです。会話の中で、お客様の必要としている商品や、新企画のご要望を引き出します。また、一方的に注文を承るだけでなく、こちらから積極的に発信することも重要。「このシャンプーをランクアップさせましょう」「この備品を使用して、パウダールームをいっそうおしゃれにしましょう」など、さまざまな提案を行っています。 もちろん、提案に当たっては入念な事前準備が必要。お客様のニーズを的確に把握するため、商談前には施設内をしっかり調査します。自分が利用者となり、実際に入泉してみることもあります。「あの温泉はお湯がいいですね」そんな実体験を話すことで、お客様が心を開いてくださることがあるからです。本当にお風呂が好き、という自分の想いを伝えることにより、自然と商談の言葉一つ一つに説得力が生まれます。 仕事ほど、自分を成長させてくれるものはありません。特に印象に残っているのは、大型設備を導入した案件です。その設備は施設の景観を大きく変えてしまうほどのもの。導入に当たり、決してミスは許されません。何度もお客様の元に足を運び、打ち合わせを繰り返し、とことんお客様と向き合いました。その努力が結実し、無事、ご要望どおりに納品できたときは、格別の達成感を味わうことができました。あのとき目にしたお客様の喜ぶ顔は、私にとって大きな財産です。この案件をきっかけに、「お客様の立場でものを考える」ということを、真に実践できるようになったと思います。とはいえ、努力に終わりはありません。お客様の喜ぶ顔をもっとたくさん見るために、さらに知識と知見を蓄え、どんなご相談にも応えられる存在であり続けたいと思います。

7:30〜8:30自宅を出発してお客様の施設を目指します。
8:30〜12:00商談スタート!午前中のうちに、4件の訪問を目標にしています。新規開拓案件もあります。
12:00〜13:00休憩タイム。愛妻弁当で午後の活力を充電します。
13:00〜17:30さらにお客様訪問を継続。山の中の秘湯など、温浴施設の情報は知るほどに面白い!
17:30〜19:008件の施設に足を運び、この日は終了。家族の待つ自宅に帰ります。
19:00〜自宅に到着。子供とお風呂に入ることが大きな幸せです。

ENQUETE

社員アンケート

会社の雰囲気って、入るまでわからないもの。でも、本当にそうでしょうか。 ここではSHOEIの社員に“匿名”で答えてもらったアンケートを大公開。褒めてくれる意見も、勇気を出して書いてくれた苦言もありました。 だから、会社としても正直に、それをみなさんにお伝えしたいと思います。 少しでもみなさんが、SHOEIのことを知る一助になれば幸いです。

●業務量は多いが、できる事が増える毎に、まかせてもらえるのでやりがいを感じる。
●最近イラレでチラシ作成を任された。不得意分野ではあるが、パワポで作るよりこだわって作れるので楽しい。
●お客様と閏係性ができたとき、受注を頂いたとき、感謝されたときにそう感じます。
●任せて頂いていると常に感じています。大きな責任も持たせて頂いている所にやりがいを感じています。

●今年の研修合宿の一発芸にて、一位にはなれなかったが、終わった後、皆で心の底から喜び、笑い合った。
●仕事中会話が多い(仕事はきちんとしています!)。メンバー同士、気遣い合っているのがわかる(いつもと様子が違うので話しかけるなど)オープンな雰囲気である。
●良くも悪くもないが活発ではない。
●普段から「どこで契約をいただいた」「どうしたらよくなった」など、 楽しそうに仕事の話をしている。

●ささいな事でもすぐに電話したり、話が楽しくて仕事が終わってもついつい長話になることもあるくらいです。
●リーダーも現場で営業しているので、問いについては自身の経験と合わせ答えてくれる。
●こんなに言っても平気かな?ってくらい、遠慮せずに話ができる。
●相談や悩み事に、即、対処してくれるから。現場や仲間想いの頼れるリーダーである。

●家族の誕生日に毎回プレゼントが届きます。家族に対する心遣いには入社当時はびっくりしました。
●他の会社と比較したことはないが現在不満等はない。
●大型連休を取る機会があまりないので、そういう制度があると良い。

●数字だけではなく、色々な面から評価していただける人事制度は大変公平で明確だと感じております。
●自己評価をして、上司(会社)からのフィードバックがあるので納得度が高いと思う。
●明確にしようとしてくださった、それ自体が嬉しいです。
●公平ではあるが、修正点は多々あると思う。

●いつも集まりがある時には、何か良い講義や研修を企画して頂き、これから教育・勉強会・研修等について意欲的な考えが伝わってきています。楽しみにしております。
●実績がきちんと反映される評価制度があるので、入社歴に関係なくキャリアアップのチャンスがある。社員総会で各局の方と接し意見を聞いたりすることもできる。自分で経験したことのないものは先輩方に聞くと参考になる。

●社員だけでなく、家族に対しても尊重してくれている。
●失敗があってもただダメだと言うのではなく、なぜダメなのか理解できる様につきつめてこちらの話も聞いてもらえる。
●離れている拠点同士の意見交換の場が多くはないと思う。会社全体で集まる機会をもっとつくってほしい。

Q&A

よくある質問

仕事の魅力・やりがいは何ですか?

ケーブルテレビ担当の場合
個人のお客様を相手とし、暮らし方やライフスタイルをヒアリングした上で、ケーブルテレビが取り扱ういくつかのサービスをご提案します。その過程で、お客様の人となりや優しさに触れる機会も少なくありません。「ちょっとコーヒーでも飲んでいってよ」「ずっと外じゃ大変でしょう」などと、こちらのことを気づかってくれるのです。ご契約をいただくことの達成感だけでなく、多くのメンバーがお客様とのふれあいにやりがいを感じています。中にはお客様からお礼のお手紙をいただいたメンバーもいます。

温浴施設担当の場合
何度も訪問を重ね、継続的に取引を行なうタイプの営業スタイルだからこそ、「どうしたら温浴施設への集客が増えるか」という観点でクライアントに寄り添いながらご提案することができます。たとえば、女性のゴルフ場利用を促進させるため、ゴルフ場の温浴施設で『バラ風呂に入れるイベント』を企画。また、担当営業のアイデアで、シャンプー・リンスを小分けにした旅行セットを併せて販売するなど、「売って終わり」ではなく、長い目で見たクライアントの顧客満足度向上を促すようなご提案ができることが特徴です。

仕事の厳しさは何ですか?

営業職共通
ひとり立ち後は、基本的に単独で営業活動に臨むことになります。1日中外出ということがほとんど。そのため、スケジュールを自分で管理することができ、融通の利く働き方ですが、裏返せば自分で考え、自分を律し、行動しなくてはいけないという厳しさを併せ持つのがSHOEIの営業職の働き方です。

会社はどんな雰囲気ですか?

30代の若手メンバーが多く活躍しています。当社は全国の拠点に分かれており、1拠点あたり2~7名で構成されています。お客様企業(ケーブルテレビ会社や温浴施設へ商品を卸す商社)の近隣に事務所を設けたり、お客様のオフィス内に事務所を構えることも。ただ、横のつながりをきちんと感じられるように、年に2~4回、全社員で集まって総会やレクリエーション、研修などを行なう機会を設けています。

配属先はどのように決められるのでしょうか?

ご自宅からの通勤可能エリア内にて人事上のバランスを考慮のうえ決定します。また、本人のステップアップや成長を促すために、転勤が発生する場合も。ただし、充分な面談を行なった上で、本人の意志を最大限に尊重して決定します。

休日出勤はありますか?

基本的にはありません。ただ、お客様の都合などやむを得ない事情の場合は、休日出勤をしていただく可能性もありますが、その際は振替休日を取得できます。しっかりプライベートも充実させてくださいね。

残業はありますか?

営業職の場合、月に平均して20~30時間程度の残業が発生します。月給には月40時間分の見込み残業代が含まれていますが、残業が40時間を超えることはほとんどありません。万が一40時間を超えた場合には、残業代が支給されます。

中途採用者の新人教育はどのように行われますか?

「教育制度」ページにもある通り、入社後に3週間程度の導入研修を実施します。その際に、SHOEIという会社のことや仕事の流れ、社会人マナーや個人情報の取り扱いについてなどを学びます。現場では配属拠点のリーダー、メンバーから営業としての基本を教わります。入社から2カ月目以降は、いよいよひとりで営業活動をスタート。もちろんその際も適宜リーダー、先輩や営業支援が教育的フォローを行なうので、安心してくださいね。詳しくは「教育制度」のページをご覧ください。

他部門への異動を希望することは可能でしょうか?

可能です。当社では月に1回以上の頻度で上司との面談を実施。その際に異動の希望を伝えてください。希望を考慮の上、人事体制や事業戦略との兼ね合いにより、他部署・他職種へ異動することができます。詳しくは「キャリアイメージ」のページをご覧ください。

評価制度はどのようになっていますか?

自己評価、上長の評価、最終評価など、3~4段階の評価を行ないます。期初に設定した明確な目標に対してどの程度達成できたかを、そこで評価します。評価の際にはきちんとフィードバック面談を実施。「何ができたのか」「何ができていなかったのか」を明確にし、なぜ最終的な評価になったのかがわかるようになっています。公平・公正で、納得度の高い評価制度を目指しています。

グループ会社

SHOEIトレーニングアンドレクチャー株式会社

株式会社傳十郎