RECRUIT 採用情報

技術とともに、人としての魅力を育む

営業のプロフェッショナルになりたい、仕事を通して自己実現を果たしたい−。そんな情熱をもった人たちが、どうすれば着実に成長していけるか。私たちSHOEIは、皆さんの目標をサポートするために、「人を育む」仕組みづくりに全力で取り組んでいます。確かな営業スキルと高い“徳”を身につけ、魅力的な人間へと成長していってください。

EDUCATION
教育制度

きめ細やかなコミュニケーションで
着実な成長を後押ししたい

営業推進室 松尾 高嗣

当社の理念は、関わる全ての人を大切にすること。それは社員に対しても例外ではありません。誰もが安心して成長の道を辿ることができるように、社員教育には大きな力を注いでいます。性格や気質はもちろんのこと、積み重ねてきた経験、培ったスキルは、一人ひとり異なって当然です。その人にとって、今、いったいどのような指導が効果的なのか。それを把握するために、小まめなコミュニケーションを何より大切に考えています。 入社後3週間の導入研修では、SHOEIの理念やビジョンを共有し、基本的なビジネスマナーやコンプライアンスの知識を身につけてもらいます。座学が中心となりますが、可能な限り実践とのギャップを埋めるために、ロールプレイング研修も導入しています。その後、約1カ月にわたって配属拠点のチームリーダー、チームメンバーに同行し、実践的な営業スキルを習得していきます。チームリーダーと営業部ブロック長、そして私たち営業支援が密に連携をとり、当人が感じている不安や悩みに対して、常に目配りを怠らないようにしています。 伸び悩んでいる人の中には、営業スキルを曖昧なものとして捉えていることが原因になっている場合があります。そうしたケースにも対応できるように、SHOEI独自の営業スキルをマニュアル化し、すべての社員が着実にステップアップできる仕組みを作りました。まずは「SHOEIの型」をしっかり習得し、幹を太くしてほしいと思います。その上で、個性の枝葉をどんどん伸ばすこと。それが当社の理念にある、『すべての人に「信頼され、必要とされ、感謝される」存在になり続ける』ことにつながると考えています。私たち営業支援をはじめ、会社が一丸となって成長をサポートします。いずれは事業を引っ張っていくほどの人材に育ってくれることを願っています。

3STEPでひとり立ちを目指そう!

STEP1

まずは3週間の導入研修。SHOEIの考え方、目指すビジョン、どんな仕事をするのかなどを座学で勉強し、SHOEI社員としての土台を固めます。また、実践を想定してのロールプレイングにも取り組み、STEP2への移行をスムーズにします。

STEP2

現場でのOJT研修は、配属拠点のリーダー、メンバー全員で取り組み、営業支援のバックアップも加えたきめ細やかな指導で不安を解消します。1カ月間、リーダーやメンバーの営業活動に同行する中で、アポイントのとり方やお客様との接し方など、営業の基礎的なノウハウを身につけてください。

STEP3

いよいよ一人で営業開始! チームメンバーや営業支援のサポートは万全ですので、安心してください。研修の内容が身についているか、定期的にチェックを行い、必要に応じてフォローアップ研修を設けています。

PICKUP

定期的な
キャリア相談

半期に一度の評価期間に、上司との個人面談を複数回実施しています。一人ひとりのスキルと成長課題に基づき、今後の目標設定、キャリア相談を行います。

営業プロフェッショナル
支援

営業プロフェッショナルに必要な能力を明確に定め、それに則った研修を実施します。一人ひとりのキャリアパスを踏まえ、営業職における各人の自己実現をサポートします。

チーム制で
きめ細やかなフォロー

各拠点のチームと、本社の営業支援による二重支援体制を確立。拡大を続ける組織においても、社員に対するサポートの質を維持し、人が育つ風土づくりを進めています。

その他、さまざまな研修をご用意しています。

全体研修

半期に一度の社員総会では、外部研修講師を招いて様々な研修を実施しています。『人に好かれる話し方』、『チーム力向上』、『ロジカルシンキング』、等、毎回様々な研修を行っています。

管理者研修

月に一度のリーダー会議では、毎回3時間ずつ、外部講師を招いての管理者研修を行っています。『部下との関わり方』、『関係の質の向上』、等のテーマのもとに継続した研修を実施することにより管理職に必要なスキルを伸ばします。
CAREER
キャリアイメージ

誰もが納得できる評価制度を

SHOEIでは前向きに仕事に取り組んでいただくため、透明性の高い評価・人事制度を敷いています。9つの等級に明確に区分し、半期に1回の評価によって、昇給・昇格を決めています。評価の基準は公平・公正。明確な目標を定め、それに対してどれだけ達成できたかで判断しています。社員の納得感を大切にしているので、今後も一人ひとりの意見を取り入れブラッシュアップしていきます。