RECRUIT 採用情報

CATVの営業アウトソーシング事業

すでにケーブルテレビを利用しているお客様に、インターネット回線や多チャンネルなど追加の利用をご提案します。一方的にサービスのメリットをお伝えするのではなく、お客様のお悩みを伺い、信頼関係を築いていくことが重要です。

INTERVIEW
CATV事業で働く社員

お客様に提供できるメリットを
真摯に追い求めていきたい

営業部 東谷 雄太

営業未経験で入社。青森拠点に配属される。最初の頃は、お客様へのサービス説明で精いっぱいになり、一方通行の営業活動だった。そのことに気づいたのは、会社のロールプレイング研修がきっかけ。以降、聞き手に回ることを心がけ、お客様の思いを引き出す営業スタイルに。現在は自分らしい営業スタイルに磨きをかけながら、新たなお客様との出会いを楽しんでいる。

話術だけでなく、お客様の思いに耳を澄ませることも大切

SHOEIに興味をもったのは、当社に勤めている先輩からの紹介がきっかけでした。「人と接することが好きならお勧めだよ」という何気ない言葉が、大きな転機となったのです。前職はメディア関係の企業に勤めており、通信業界についてはまったくの素人。だからこそ、自分の可能性を広げる絶好の機会ではないかと考えました。内定するまでに2回面接を行いましたが、共通していたのは、どちらの面接官も仕事への熱い想いを話してくださったこと。その情熱に背中を押されて入社を決めました。 導入研修やOJTなど手厚いサポートのおかげで、順調なスタートを切れたと思います。SHOEIにおいて、未経験スタートのケースは珍しくありません。多様なキャリアパスの人が集まり、豊かな個性を発揮できる環境ではないでしょうか。 働き始めて最も驚いたのは、SHOEIの営業スタイルです。それまで抱いていたイメージは、「営業=モノを売る」。とにかく利益追求が第一で、自社の商品を強くプッシュする、という印象でした。しかしSHOEIでは、一方的にモノを売りつけることはありません。お客様の課題解決を最優先に行動します。例えばお客様が、スマートフォンのデータ使用量不足に困っていたとします。そうしたお悩みがあってはじめて、データ使用量抑制のために、ケーブルテレビのインターネットをお勧めするのです。 お客様の「ありがとう」。この言葉を頂けたときほど、充実感を覚える瞬間はありません。契約に至っても至らなくても、自分が訪問したことで、お客様に何らかのメリットを与えられることが目標です。そのために、既存のサービスだけでなく、プラスアルファで何かお客様に提供できるものはないか、常に模索するように心がけています。何度も訪問した老夫婦のお客様から、「養子にならないか」とまで言っていただいたときは、うれしい驚きでした。これからもお客様の課題を丁寧にすくい上げながら、それをヒントにお客様の生活をより豊かにできるような提案をし続けていければと考えています。

ケーブルテレビ担当の場合
営業所やケーブルテレビ局様のオフィス内などが拠点になります。お客様のお宅からお宅へ、自動車で移動することが多いですね。事務処理の効率化を図り、残業時間を少なく抑えてプライベートもしっかり楽しみます。

8:30〜9:00

出社後は、当日のスケジュール確認。
週1回はテレビ会議を行い、全国の各拠点と情報を共有します。

9:00〜12:00

お客様の元へ訪問開始!だいたい3〜4件のお客様先を回ります。

12:00〜13:00

休憩。お気に入りのラーメン屋さんへ。
忙しい日は車中で簡単に済ませます。

13:00〜18:00

午後の営業再開。引き続き、お客様の元へ。
一方的に話すのではなく、上手な聞き手になることがポイントです。

18:00〜19:00

帰社。報告書の作成や明日のプレゼン準備を終えたら退社です。残業は多くありません。